本の話し | ページ 3 | ネットサーフィン見聞記
 2018年6月の本 ←書評のような記事にとびます。
 

本の話し一覧

2016年11月の本


あたらしい書斎
いしたにまさき

副題にある「忙しい人に必要な“自分空間”の作り方」という言葉は、
PCやネットが普及した現代だからこそ必要な言葉だ。
“書斎”というと、なにやら豪邸の一室に壁一面のガラス戸の本棚を構え、
高級感漂う木目調の美しい大型の机がドンと置かれて…
などとミステリードラマなんかに出てくるイメージをそのまま踏襲してしまうのだが、
なに、要はあくまで「本を読んで学んだり、書き物をしたりするための場所」であることに違いはない。
ただ、「自分が自分らしいことをするための場所として空間が切り取られていること」がポイントである。
本書では様々な書斎の達人たちとの対話を通し、
現代において、いかに自分と向き合える空間を確保するか、
そのための機能性や自分らしさをどう出していくのかということについて語られる。
特に目を惹くのは、探検家・松浦武四郎の「一畳敷」というたった一畳の書斎に着想を得て、
一畳というスペースをいかに書斎として活用するのかについて提案がなされている部分である。
そこからは、デジタルツールやネット環境に囲まれた現代の知的生活の舞台が、
個人から世界にどのように開かれるべきかということにも言及されている。
それは、本以外にもさまざまに読むべきもの目に触れるものが溢れかえった
現代人の知的生産の現場を問い直す意味で、非常に大きな意味を持つものと思う。




father
金川晋吾

表紙にはボンヤリと宙に目を泳がせながらタバコを吹かす初老の男性。
本書の帯には手書きの文字でこうある。
「やっぱり生きていくのが面倒くさい」
この初老の男性=fatherの言葉なのだろうか?
そのfather=父は失踪を繰り返す。
その息子は、そんな父の姿を撮り続ける。
これは、異様な写真集である。
この異様さは一体何なのか?
失踪、多額の借金、無断欠勤…。
この「なぜ?」に対する回答は「ただなんとなく」「嫌になった」
中盤に挿入されている日記からは、
ただただつかみどころのないそれらの背景が、
フィクションではなく現実であることを突きつけてくる。
しかし、リアリティのようなものもない。
なにより、何も起こらない。
一個人の人生、その家族の生活、
社会という集合体全体から見れば最小単位ともいえるその中で、
被写体と撮影者という関係から浮かび上がる親子の対話。
その端々に立ち現われる心の機微は、
現代社会へ大きな問いを投げかけているのかもしれない。




〆切本
夏目漱石 他多数

「かんにんしてくれ給へ。どうしても書けないんだ……」
夏目漱石や江戸川乱歩から村上春樹や西加奈子、
長谷川町子や岡崎京子といった漫画家まで、
延べ九十余人の著作者による壮絶なる“悶絶と歓喜”の〆切話。
中には「勉強意図と締め切りまでの時間的距離感が勉強時間の予測に及ぼす影響」などという学術論文まである。
発売直後から話題沸騰の本書。
何ページにも渡る言い訳。
「そんなもん書いてる暇があればモノを書けよ!」
と思わずツッコミたくなるが、それは無粋というもの。
私も元は末端を汚す程度でしたが同業者だったので、分かりますとも、ええ。
書けないものは、書けないんです。
ちなみに私の持論の一つですが、
「書きたくないものを書くのは不健康」
本書はそのことを立派に証明してくれています。




謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉
高野秀行

納豆は日本の伝統食と考えている人も多いように思える。
だが実際はどうか?
世界の辺境を取材し続ける著者は、
中国にその源流を求め、アジアの山岳地帯を訪ね歩き、
納豆をソウルフードにしている民族が少なくないことを明らかにした。
私の記憶では、十数年前にとあるテレビ番組の一部でこの内容を扱っていたのを見た覚えがあるが、
その時はさして話題にも上がらなかった。
だが本書は違う。
納豆のそれを海外に求めるにとどまらず、
日本国内にも目を向けて精力的な取材をしている。
そしてそこから浮かび上がる日本の納豆の歴史とは!?
メディアの在り方という観点からも大変興味深い一冊です。


2016年10月の本


熊と踊れ
アンデシュ・ルースルンド, ステファン・トゥンベリ

「これはな……熊のダンスだ、レオ。
 いちばんでかい熊を狙って、そいつの鼻面を殴ってやれば、ほかの連中は逃げ出す。
 ステップを踏んで、殴る。ステップを踏んで、殴る!」
“暴力”
それしか教えられてこなかった兄弟。
その長男レオが計画する、誰も成し遂げたことのないあり得ない強盗事件。
第一部冒頭に掲げられた『これは事実に基づいた物語である。』という驚愕の一文は、
読む者の心を確信へと近づける。
この本は、今や北欧のミステリー界を牽引するルースルンドと、
人気脚本家であるトゥンベリがタッグを組み、
世界のミステリーファンへと叩き付けられた大いなる挑戦状である。
重ねに重ねられてシーンやカット。
まるで映画を観るような感覚でぐんぐんと物語に引き込まれていく。
前評判もかなりのものだったが、
実際に読んでみると、数年来最高のミステリーといっても過言ではないと思える。




そういえば、いつも目の前のことだけやってきた
平田静子

“平田静子”という名を知っているだろうか?
業界の中では知る人ぞ知る有名人だ。
では、彼女が手掛けた仕事を紹介してはどうか?
プロデュースしたものとして
『アメリカインディアンの教え』
『ビストロスマップ』
そして
『チーズはどこに消えた?』
そう、数々のベストセラーの生みの親である。
だが、本人はこのような未来を元々予想もしていなかったらしい。
「25歳になったらお嫁さんになってOLを辞めるつもりだった」とのこと。
それがなにがどうしたことか、編集長はおろかフジサンケイグループ初の女性取締役にまでなってしまった。
その間に結婚や子育てまでこなしてしまっている!
そんな方の自伝的エッセイ。
後半にある福田和子とのやりとりには、
平田さんの人柄と人望が切実と伝わってくる。
ただのエッセイではない。
ビジネスの根源にあるものを読む者に問うてくる。




じょうずなワニのつかまえ方
ダイヤグラムグループ

「いまは無用の知識でもいつか必ず役に立つ!」
というコンセプトのもと、
1986年、モリサワをはじめとする数々の書体や級数を駆使し、組まれた本。
そんな名著が21世紀版として蘇っている。
“文字の見本帳”
そう言っても決して過言ではない。
私個人、「無駄と思えるものにこそ最大の価値がある」と常々感じている。
一時期流行ったトリビアとか薀蓄、
そんなものではない。
有用な無駄である。
万事に備える姿勢。
この本は本当に大切な何かを教えてくれているのかもしれない。




二世
尾崎裕哉

昨今、ネット上では
「尾崎豊の歌に共感できない」
そんな10代の声が響いてきた。
時代が変わった、というそんな言葉ではとても語れない
大きな変化が彼の死後訪れたことは確かだろう。
だが、尾崎豊という一人のミュージシャンが描き出した時代は、
確かにあった。
では、彼が探し続けた生きる意味とはなにか?
尾崎豊の息子・裕哉さん。
きっとそれは彼の中にあるのだろう。
父の死後の出来事や様々に憶測された事、
それらをすべて冷静に受け止め、
また敬意をもって接している姿に心が打たれた。


2016年9月の本


プロレスという生き方
三田 佐代子

プロレス観戦が好きだ。
私自身、「スポーツは観るより断然やる方」なのだが、
プロレスだけは観るのも好きだ。
何故だか理由は分からないけれど、幼少のころからテレビにかじりついて観ていた。
大人になって上京してからはよく生で観に行ったりもした。
この本は、そんな私のような往年のプロレスファンだけではなく、
プロレスの「プ」の字も知らない初心者まで楽しめる一冊だ。
人気レスラーから女子レスラー、インディーに、果ては裏方さんまで…
永年スカパーのプロレス専門チャンネル・サムライTVでキャスターを務めてきた著者。
その客観的にして、時に母のような愛情ある視点で描かれる現在のプロレス界。
現在のプロレス界を取り巻く環境は、いくら人気再燃とはいえ厳しいものがある。
その中にあって、
「プロレスってこんなに面白い!」
「プロレスってこんなに魅力的!」
そんな熱意と共に、プロレスを作り出す全ての人へのリスペクトが感じられる一冊だ。




僕の父は母を殺した
大山寛人

「事実は小説よりも奇なり」
そんな言葉に一体なんの意味があるのだろう?
事実は事実のままである。
12歳で母を亡くした著者は2年後、衝撃の事実を知る。
母を殺したのは、父だった。
それを期に一変する生活。
万引き、ホームレス、自殺未遂…。
殺人事件の被害者の家族にして加害者の家族という、複雑な立場からつづられるそのあまりの内容に言葉が出ない。




明日切腹させられないための 図解 戦国武将のビジネスマナー入門
スエヒロ

ほぼネタ本ですw
戦国武将といっても、正直織田信長の名前を知っていれば十分楽しめます。
で、そのビジネスマナーにしても、
入門の入門の入門、というくらい。
ビジネスマナーって実際にはかなり面倒くさく煩雑だったりしますが、
それに興味を持つには十分な内容かと…。
役立てようなんて思っちゃいけません!




キリンの子 鳥居歌集
鳥居

私が彼女を知ったのは
昨年、新聞に寄稿した短歌が、ネット上で取り上げられ話題となった時だろうか。
著者のことを名前だけでも聞いたことのある人にとっては、
あまりにも有名であるその壮絶な半生。
そのことについては同時発売となった
セーラー服の歌人 鳥居 拾った新聞で字を覚えたホームレス少女の物語
に譲りたい。
だから、素直にこの歌集を読んでほしい。
三十一文字から零れ落ちるほどに溢れる不条理。
だが、それが現実なのだ。



2016年08月の本


ヨシダ、裸でアフリカをゆく
ヨシダ ナギ

なんともセンセーショナルなタイトル。
しかし、中身はもっとセンセーショナルだ。
アフリカを愛し、そこに住む人々を愛し、その文化を愛し、
笑いあり、涙あり、下ネタあり、毒あり…。
人見知りで内気であったという嫁入り前のうら若き乙女が
等身大で体当たりした「アフリカ」の姿がそのままに伝わってくる一冊だ。
巻末近く、
「日本人は、噂やニュース、自分の目で確かめてもいない情報にとらわれ過ぎていると思う」
という言葉は、この本を読んだ者の心に深く感銘づけられる力を持っている。
それは、純粋な心でありのままの「アフリカ」を見つめた著者をして
計り知れない説得力を持つ。
またこの本は、一人の女性の成長の記録といっても過言ではないと思う。
英語がまるでしゃべれない状態での初渡航を皮切りに、
諸国を巡るうちに様々な社会や人々と出会い、
心の豊かさとは何か、
差別とは何か、
かなりコミカルな文体からはそうした著者自身の心の成長も読み取れる。
数多く掲載されている写真も必見だ。
現在は写真家として活動している著者。
最近はテレビなどでもその活動が取り上げられていますね。
私も著者のブログをかなり初期のころから見ているので、
(たしかここでも紹介したような気がするんだが…記憶にない)
実際この本に収録されている話は基本的にどれも知ってはいたのですが、
それでも十二分に楽しめました!




偉大なる失敗
マリオ・ リヴィオ(著)
千葉 敏生(訳)

ダーウィン、アインシュタイン…。
誰しも一度はその名を耳にしたことのある歴史に名を刻む科学者たち。
だが彼らでさえも避けることのできなかった「失敗」。
この本はそんな彼らの「失敗」を単に糾弾しているのではない。
二章を一組に、前章ではその科学者の理論や業績を紹介し、
後章では究極を突き詰めたが故に陥った落とし穴、
その失敗の理由を心理的な側面にまで踏み込んで描き出している。
なにより目を引くのが、
一見系統が違うように見える理論や失敗が相互に影響を与えていたり、
また後代の科学の発展に寄与していたり、
そうした背景をも捉えている視点の大きさだろう。
著者は言う「そういう科学者を私は尊敬してやまない」と。
本書は「偉大なる失敗」を通して科学者たちの比類なき英知を描き出そうとしている。




さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
永田カビ

読後の感想としてすぐに頭に浮かんだのは
「永田カビは孤独である」
ということだった。
なぜここまでこじらせてしまったのか。
本書の大半がそこでもがき苦しみ、
気が付いた時には這い上がれないほどの深みにまではまってしまった
自身の「孤独感」への体験に紙面がさかれている。
そして「レズ風俗」という一見するとかなりきわどいイロモノを通してではあるが、
その「孤独感」との関わりを徐々にではあるが
自らの力で解決していこうとする姿勢に心が打たれた。
赤裸々な内容である。
感動はない。救いもない。
だが、現代社会に生きる私たちの誰しもが心のどこかに抱える「孤独感」、
それとどう闘えばいいのか、
この本にはその術を示唆する何かがある。
今でも永田氏は「孤独感」と格闘している模様。
pixiv上では『一人交換日記』を連載している。




これは経費で落ちません
青木 祐子

聡いというのも大変だな…。
主人公・森若沙名子は経理部の女子社員。年齢27歳。彼氏いない歴=年齢。
彼女の大切にしていること、それは「イーブン」であること。
「フェア」ではない。「イーブン」なのだ。
だから彼女の気づく他人の側面は「負」である。
要はズルい面である。
実社会にあってもかなりギスギスしそうなエピソードが並ぶ。
だが、主人公一流の性格を通し、かなり毒の抜かれた感じを受ける。
「他人事だから苦笑して見ていられる」
そんなイメージだろうか。
しかし最後まで読み進めていくうちに、
登場人物一人一人になんとも愛らしさを感じてしまうようになる。
そんな不思議な作品だった。


2016年7月の本

私には常時何人も「会ってみたいな~」と思う人がいる。
著名人だったり一般の人だったり、友人の友人だったり…
職業も年齢も多岐にわたるのだが、
今月のオススメ図書の編著者の方々も、
以前より「会ってみたいな~」と思っていた方々である。
何か機会があればイイなとはいえ、
北海道の山ん中からだと、なかなか…ねえ (-谷-)
ちなみに、私が今ダントツで会いたいのは、
宮野瞳(野々宮ここみ)さんです! (・ω・)ノ




家飲みを極める
土屋 敦

多くの呑兵衛たちの行き着く境地「家飲み」。
だがそこに辿り着いた者だけが知る“つまみ”の可能性と限界。
「シンプルなつまみこそ奥が深い」と著者は言う。
異色の経歴を持つ著者が家飲みを居酒屋以上の飲みをするべく、
いわゆる定番のつまみの酒との相性や調理方法、
更にひと手間かけたアレンジを徹底検証した画期的な一冊。
「家飲みなら刺身には醤油ではなく塩」
「枝豆にはビールではなく日本酒を」
従来の認識を覆す料理研究家の“研究成果”がぎっしりと詰まっています。




サハリン時刻表 2016夏
さざなみ壊変

あれやこれやしているうちにコミケットスペシャル6で発刊することとなった
さざなみ壊変さん編『サハリン時刻表 2015春』の続刊。
日本から一番近いヨーロッパ、ロシア・サハリン。
終戦まで日本領だった南樺太を中心に、近くて遠いサハリンの今の姿を伝えてくれる旅行記。
また今回は、2016年3月に定期運行を終了した急行はまなすや2015年でフェリー運航が終了となったサハリン航路と、
陸路と航路のみで渡る旅。
その玄関口である稚内周辺の紀行にも触れている。
私事ですが、現在北海道在住の私、甚之助(じんのすけ)も実は昨年、
さざなみ壊変さんがこの旅行に出かけている前後に稚内周辺を訪れており、
宗谷岬から眺めたサハリンの南端にひどく感動したのを思い出させたもらえた一冊でした。
是非定期刊行を期待したいところです(もちろん他国のものも期待したいですね)。




寝たきりだけど社長やってます
佐藤仙務

最近何かと世間を賑わせている乙武さんの20年ほど前のベストセラー『五体不満足』
その生い立ちから(刊行当時の)現在に至るまでのことを、
乙武さんならではの視点で描かれていてとても興味深く読んだ記憶がある。
そしてこの一冊。
生後10ヶ月で10万人に1人の難病・脊髄性筋萎縮症と診断された著者・佐藤仙務(ひさむ)さんが、
障害をもった人たちの「これから」を幼馴染とともに起業した経験を中心に描き出している。
「働かずに死んでいくほうが怖かった」
この言葉がとても印象的だった。
佐藤さんは現在入院中とのこと。
経過は順調のようで、日々facebookなどにお見舞いに見えた方との写真がアップされている。
早い退院とこれからのますますの活躍を期待したい。




我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか
廣田恵介

先日当サイトの羅列でもご紹介したこの本
気になったので早速購入して読んでみたが、まあ驚いた。
タイトルに圧倒されてしまうのは必然であるが、
それ以上に、中学三年生の時『うる星やつら』のラムちゃんに恋をしてしまったという著者の
「模型とパンツの葛藤」が延々と凝縮されている。
更には開発に携わった人まで巻き込んでの徹底した議論、膨大な資料の数々。
成熟しきった現代のフィギュア文化へ、、
それと対比された80年代のサブカルを軸に一石を投じている。
著者個人の葛藤の歴史を誇張なく書き綴ったこの本からは、
いわゆるオタク文化という枠組みを超え、
時代を見る視点に新たな切り口を得られるといっても過言ではない。


2016年6月の本


片手の郵便配達人
グードルン・パウゼヴァング

間に合わせの訓練しか受けずに戦場に赴いた青年は、そこで左腕を失う。
失意の中、故郷の村に戻った彼は郵便配達員として働き始めるが、
日々届ける手紙の中に時折“黒い手紙”が混じりはじめ、
いつしか日を追うごとにその数は増していった。……
物語は美しい自然の中において静かに、そして淡々と進む。
だが時代は募る戦争の重苦しさを抱えている。
家族や大切な人への思いが繊細な描写で織り込まれているのも読む者を感動させてくれる。
ある意味で戦争の本当の姿がここにあるのかもしれない。
本書はそうした作者の思いが熟成されて一冊となっている。
また、本書には読者に向けたパウゼヴァング氏からのメッセージも附されている。




山怪
田中康弘

『山怪』というタイトルの為か、
そこから連想されるのはホラーやミステリーといった
どこか陰鬱でおどろおどろしい物語が語られた書物といったところだろうか。
しかし読み始めてすぐにそうではない何かを感じさせられる。
そこには昔、祖父母に語られた古い良き日本、
あるいはどこか懐かしい香りのする田舎の風のそよめきのような、
そうした光景が様々な逸話を介し感じられることだろう。
著者の田中氏が全国の里山をめぐり蒐集した数多くの“奇妙な体験”。
『現代版遠野物語』と称されるにふさわしい一冊であると思う。
ちなみに、著者のtwitterでは本書の続編の執筆開始が報告されている。
期待したい。




文房具図鑑
山本健太郎

とある小学生が夏休みの自由研究に作った文房具図鑑。
年相応の絵、文章、誤字脱字…。
だがその全てに著者の文房具への愛が詰まっている。
決してウケ狙いだとか遊び心でとか、そうしたものは微塵も感じられない。
文房具も道具である以上、そこには用途・目的があるわけだが、
それ以上にデザインや使いやすさ、そうした事へも着目している点が素晴らしい。
私もかなりアナログな人間なのでパソコンやタブレットよりも
手作業で事を進めることも多く、
殊文房具には日々お世話になっている身の上であるが故に、
とても親しみをもって接することのできた一冊だった。
賛辞を送りたい。


2016年5月の本


母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます
朝日新聞社会部 (著)

 法廷で明かされた29編の人間ドラマ。
 正直、読んでいると気持ちが暗くなります。
 犯罪を犯すことは許されないことだが、その裏には当事者しか知りえない様々な苦悩や葛藤がある。
 そうした背景に視点を向けて、人として生きるために大切な何かを気づかせてくれる一冊。
 中には世間を騒がせた有名な事件もいくつか掲載されているが、
 個人的に、そうした事件についてはもっと掘り下げた考察も欲しかったなと思う。




1982
佐藤喬

 ご縁あって、著者の佐藤氏とはお互い学生時代に何度かお会いしたことがあった。
 (氏が覚えていてくれているかは不明だし、私の方も若干記憶が曖昧だったりするが…)
 氏とは同世代。一読後、彼が当事者として我々の世代が今まで歩いてきた道を鮮明に描き出してくれた感を得た。
 だからあえて内容には触れたくない。
 あの時我々が感じていた社会や時代への想いは、この一冊で十二分に伝わることだろう。
 氏がこの書を上梓してくれたことに感謝したい。




震災風俗嬢
小野一光

 東日本大震災後、わずか一週間で営業再開した風俗店。
 そこで働く風俗嬢たちを震災以降の長きにわたり追いかけた力作。
 一見不謹慎な…とも思えるが、一度ページを繰るとそれが誤りであったことに気づく。
 被災まもない生々しい現実。自らも被災し傷ついた譲たち。
 だが、そうした中でも人の心がもつ温かさを信じ生きているその姿を描き出し、
 読む者に感動を与えてくれる。




無名の人生
渡辺京二

 著者・渡辺京二氏が自らの半生を顧みつつ、その人生観や幸福観を語っている。
 深い人生経験や均整のとれた知性に裏打ちされた行間からは、
 なんともいえない味わいさえ感じさせてくれる一冊である。
 しかし、私個人としては同調できない見解もいくつかあったことは事実。
 ただそれらを含め、対峙してみるには良書であると思う。
 なによりエッセイということもあってか、
 それまでの氏の著書のような堅苦しさもなく、優しい言葉が並ぶ。


2013年12月の本


写真集 TOKYO 異形
ちょっと変わった視点でちょっと変わった写真集。
東京の新たな一面が見えた気がします。




仕事休んでうつ地獄に行ってきた
まさかあの丸岡さんが…って本。




私の「漱石」と「龍之介」
内田百閒らしい文章と視点で、
面白おかしく夏目漱石・芥川龍之介の人物像にせまっています。
こちらもどうぞ
↓↓↓↓
まあだだよ デジタル・リマスター版 [DVD]




図解 ヘリコプター
ヘリコプターの操舵法、載ってます。




ボブ・ディラン――ロックの精霊
岩波が!? って思ってしまった。
神様からのメッセージがたくさん詰まっています。




本を愛しすぎた男
は希少本ばかり狙う泥棒
そしてそれを追う古書店主との実話。


2013年11月の本


ばら・す大図鑑
某番組の人気コーナーが書籍化された一冊。
とにかくばらしてます。ばらしまくってます。
“休憩タイム”のコラムがちょこんと載っているのがまたにくらしい。




それからのエリス
森鴎外『舞姫』のモデルの写真ついに発見か!?
そこに至る道程を描いた話題作。




英語で手帳をつけてみる
英語で日記を書いてみる―英語力が確実にUPする』の第二弾。
英語で手帳をつけるって、ちょっと憧れませんか?




ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗
会社というものの裏の顔が見えるというかなんというか…。
創業者一族が駆逐されていく姿がなんとも痛ましい。




かつお節と日本人
個人的にこういうタイトルの本がたまらなく好き。
日本人と切って離せられない“だし”の歴史。




カフカ短篇集
カフカファンならずとも一度は読んでみたい一冊。