もしもトランクに閉じ込められたら… | ネットサーフィン見聞記
 2019年06月の本 ←読書感想はコチラ。

もしもトランクに閉じ込められたら…

ちょっと気になったので調べたみた。


まず冷静に脱出方法を考えてみる。
軽自動車とかなら後部座席を強引に押し倒すことも可能だろうけれど、
セダンタイプなんかだと、接しているとはいえそんな軟な作りではないはず。
多くの車種では後部座席とトランクをつなぐ穴のようなものが
ソファの下とかに隠されているようだが、
正直余程スリム過ぎるか軟体系でない限り出入りは容易ではなさそう。

で、調べてみると、2002年以降生産されたクルマに関しては、
トランク内に脱出用ハンドルが取り付けられているので
脱出は可能らしい。
また、最近のインテリジェントキーなんかでも、
間違ってトランクに入れてしまっても取り出せるように
何らかの対策が取られているようだ。

しかし、そうした新しい車種ではない場合、どうしたら良いのだろう?
これを考えるために、まずクルマのトランクロックの仕組みを観察してみると、
レバー式のトランクオープナーが必ずついている
つまり、必ずワイヤーがひかれている、という事だ。
要はこれをうまいこと見つけて引っ張れば、トランクは開く。
そしてこの仕組み、ほぼ全ての車種で同じとのこと。
しかも、ほとんどの国産セダンではロック部の床下にワイヤーがある
このワイヤーを運転席側に引っ張ればロックが解除されるという仕組みのようである。

で、本当なら実際にやってみたいところなのだが、
残念ながら、私が乗っているのはかなり古い軽自動車なので、
こんなことをしなくても容易に脱出できてしまう…orz
もしかしたらYoutuberの中で実践している方もいるかもしれないので、調べられたい。
なにはともあれ、日ごろから車両の点検や防犯対策などを含め、
こうした点も改めて見直してみるのも良いかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 世代別「お金が戻る」制度  ●冬至にまつわる雑学まとめ  ●もしもトランクに閉じ込められたら…  ●ファミコンのネタ!!『なぜ僕はファミコンを集めるのか』完結 […]