28年前のマンガが今の日本の状況とそっくりな件 | ネットサーフィン見聞記
 2018年10月の本 ←読書感想はコチラ。

 

28年前のマンガが今の日本の状況とそっくりな件

先日、組織的犯罪処罰法改正案が衆院を通過した。
「共謀罪」の構成要件を改め、「テロ等準備罪」を新設することで
組織犯罪を計画段階で処罰可能とする内容だ。
そこでこんな記事をみつけた。

自公は平和憲法を捨てた。……28年前の創価学会婦人部編『まんが・わたしたちの平和憲法』に書かれた戦争へのシナリオが今の状況とそっくり(あとがき追加) (Seoul Life)

特定の政党や団体を非難したり支持したりするつもりはないが、
このマンガにもある通り、
事が起こってから「こうなるとは思わなかった」ではすまされない話だ。
「そんなことにはならないだろう」という安直な構えは今すぐ捨てて、
もっと闊達な議論を望みたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […]  ●28年前のマンガが今の日本の状況とそっくりな件  ●江戸時代の6歳の幼女の遺書  ●今更だけど須賀神社行ってきた。 […]