記録映画「赤線」 | ネットサーフィン見聞記
 2019年07月の本 ←読書感想はコチラ。

記録映画「赤線」

 

 多分90年代の番組(皆さん案の定お若いw)だと思うけど、そこからの抜粋。
 今でいうところの風俗街にあたる戦後の赤線・青線。その歴史とそこに息づいた人々の陰には、決してきれいごとでは済まされない哀しさがあふれているように思える。それを感じられるだけでも、こうした貴重な映像が残された価値は大きい。


(約10分40秒)

 


敗戦と赤線
~国策売春の時代~ Kindle版

色街遺産を歩く
 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする