【ゆっくり解説】第二次世界大戦中の日本の珍兵器 【艦橋というにはあまりにも大きすぎた】 | ネットサーフィン見聞記
 2018年12月の本 ←読書感想はコチラ。

 

【ゆっくり解説】第二次世界大戦中の日本の珍兵器 【艦橋というにはあまりにも大きすぎた】

 

 戦艦大和&武蔵と日本海軍305隻の最期

 

 今となれば「力入れるべきとこ違うだろ~w」とツッコめるけど、当時としては必死だったんだろうな……。


(約9分30秒)

 
 
 本当にあった! 特殊兵器大図鑑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする