【鎌倉殿の13人】海の底に沈む後鳥羽上皇の”コンプレックス”とは!?【歴史探偵】 | ネットサーフィン見聞記

2022年11月の本 ←読書感想はコチラ。

>>過去に紹介した本はこちらから。

【鎌倉殿の13人】海の底に沈む後鳥羽上皇の”コンプレックス”とは!?【歴史探偵】

 
 
 注:Youtubeに移動してご覧ください。

 NHK『歴史探偵』から。ちなみに本日11月2日には「後鳥羽上皇と承久の乱」が放送されます。
 さて「三種の神器」を持たず帝位についた後鳥羽天皇。日本史の教科書なんかにもその経緯はチラッと書いてありますが、なんとも数奇な運命だな。諸々の史料にも失われた神剣を捜索させた記録も残っているけど、実際問題、剣だけは未だ見つかっていない。
 ・・・いちアマチュア研究家の戯言として、個人的に後鳥羽院自身「コンプレックス」とまでは感じていなかったのではないかな~とおもったりなんだりはしている。
 cf,甚之助の小屋『後鳥羽院project』「藤原定家『明月記』にみる後鳥羽院の姿 その5」建暦2年5月条


(約8分30秒)
 
 Amazon
 
 刀の日本史 (講談社現代新書)

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする