二代目林家木久蔵が解説する落語家にとっての苗字?家号亭号のヒミツ! | ネットサーフィン見聞記
2021年05月の本 ←読書感想はコチラ。

おしらせ
羅列記事は5月中旬くらいまで縮小更新が続きます。

二代目林家木久蔵が解説する落語家にとっての苗字?家号亭号のヒミツ!

 

 知ってるようで知られていない落語の世界。家号・亭号とってもいろいろ奥深いものですね。
 ちなみに三遊亭の”三遊”は「呑む・打つ・買う」、これ豆な。


(約7分40秒)
 
 Amazon
 
 いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする