【周庭アグネス】香港人に日本語を紹介しながら逮捕されたことについて語る | ネットサーフィン見聞記
2020年09月の本 ←読書感想はコチラ。

【周庭アグネス】香港人に日本語を紹介しながら逮捕されたことについて語る

 

 まず感心したのはこういう伝え方もあるんだなってこと。根本的な発想力よりも時流に合わせて機転を利かせている感じがする。
 それにつけても昨今、またキナ臭くなってきてるな。国家間の問題となると、規模が大きすぎて最終的な落としどころがどこなのか目に入らなくなってツライ。


(約13分20秒)
 
 Amazon
 
 わが敵「習近平」 中国共産党の「大罪」を許さない

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする