【感動】手のひらサイズだった柴犬の子犬が、人間の赤ちゃんの子守犬になるまで | ネットサーフィン見聞記
2020年10月の本 ←読書感想はコチラ。

【感動】手のひらサイズだった柴犬の子犬が、人間の赤ちゃんの子守犬になるまで

 

 子どもの成長は早いものだけど、動物はもっと早い。
 そしてこういう頼れる”お兄ちゃん”がいるのは、赤ちゃんにとってもとても心強いものですね。


(約7分50秒)
 
 Amazon
 
 UPASKUMA -アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする