【黒歴史】内田裕也が長渕剛をフルボッコにした問題のシーン | ネットサーフィン見聞記
 2019年06月の本 ←読書感想はコチラ。

【黒歴史】内田裕也が長渕剛をフルボッコにした問題のシーン

 

 1992年公開の映画『魚からダイオキシン!!』から。
 長渕剛……風な人はものまね芸人のミニミニ長渕さん。まあ、当時内田さんと長渕さん本人の間でちょっとした揉め事があったようで、その腹いせでこういうシーンとなったというのが定説のようです。
 ただこの映画は結構異色で、監督が宇崎竜童さんだったり、たけしさんの映画に一部映像が使われていたり、途中にある政見放送のシーンは実際に都知事選に出た時のものだし……いずれにせよ、当時内田さんもかなり迷走していたころだから黒歴史であるのは確かw


(約1分40秒)

 Amazon
 
 ありがとうございます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする