ネットサーフィン見聞記 | ページ 508

佐賀県武雄市が救援物資支援のハブになります。

佐賀県武雄市の小松政市長のブログ『こまっちゃん、走ります!』に、
このような記事が投稿されている。

武雄市が救援物資支援のハブになります
武雄市の被災地支援の取り組みまとめ(4/18時点)

現在被災地では交通網も復旧されておらず、
救援物資を送ろうにも配送がストップ状態の模様。
そこで、現地に直接物資搬送できる距離にある武雄市が
全国からの救援物資を受け入れ、被災地まで運ぶことを開始するとのこと。
ただし、受け入れられる対象品目は飲料水やカップ麺など種類が限られている。
また受け入れの期間もあるので、詳細は上記リンクを参照してもらいたい。


吉幾三『雪國』に隠された真実!

言わずと知れた吉幾三さんの代表曲『雪國』
男の事を忘れられず、その姿を追う女の悲哀と苦悩を歌ったこの歌は、
1986年(昭和61年)にリリースされ、
翌1987年(昭和62年)にはオリコン及び『ザ・ベストテン』で第1位となり、
オリコンにおいては通算300曲目の1位獲得作品となった名曲である。

しかしこの『雪國』について、wiki先生に聞いてみたところ、
なんとこのような記載が…

『元々は栃木県那須のホテルであった宴会の席で即興で作った歌だったという。
 最初は「好きよ あなた」という歌い出しが「だめよ そこは」という下ネタ満載の、
 とても放送できるような詞ではなかったが、
 その後レコード会社のディレクターからメロディーの良さを買われ、
 真面目な詞にして作り直すことを提案された。』(出典:wikipedia)

そしてこれはソースが定かではないが、
あくまでも噂によると、この時吉さんは全裸で芸者たちとどんちゃん騒ぎをしていたとかなんとか…。
ま、吉さんらしいエピソードといえばそれまでだが、
個人的には『雪國』という歌に対して抱いていた感動が一気に覚めた瞬間でもあった…orz
ただ、元の歌詞は如何としても、
あのメロディーが即興で出てくるというところはさすがと言えよう。


『北海道にしかない飲食チェーン店を調べてみた』

という記事があったのでご紹介しておきます。
↓↓↓↓
【北海道編】道民ならこの店知ってる?北海道にしかない飲食チェーン店を調べてみた (favy)
個人的には、知ってるような~知らんような~という感じです。
もし北海道に行くことがあれば、
探してみるのも良いかもですね。
……で、今日の更新は手抜きじゃないのかって?
山場なんですよ、
風邪の
(-谷-;A



近来稀にみる奇曲『ピンポン協奏曲』

ネット上では「なんじゃこりゃ!」「何一つ理解できない」
などの意見が多発しているカオスすぎるオーケストラの曲が話題だ。
まずはとにかく一度聞いてもらいたい(特に後半)。

コメディ要素にあふれてでもいるのかと思いきや、
実に荘厳な緊張感にあふれている。
オーケストラの曲は眠たくなるものばかりでなく、
こういう楽曲も少なくない。
例えば楽譜に「指揮者が倒れる指示がある」曲とか、
「最後の最後に奏者がティンパニに頭を突っ込み皮を破る」曲とか、
「タイプライターのための」曲とか、
探せば本当に色々あるものです。


平均年齢67.4歳のアイドルグループ「爺(じい)-POP」(from 高知家)結成!

さて、皆さんは『高知家』なるものをご存じだろうか?
高知家・公式サイト
2013年より、「高知県はひとつの大家族やき。」をキャッチフレーズに、
県全体を「家」と見立てて、高知県と高知県地産外商公社が行う振興キャンペーンのことなのだが、
その高知家より、今回平均年齢67.4歳のアイドルグループ、
その名も『爺(じい)-POP』が結成された。
爺-POP・特設ページ
なにはともあれ、まずは動画を…

皆さん、ご職業も経歴も様々とのことだが、
とにかく皆さん元気! そしてポジティブ!
中には「何も分からないうちに県から『決めましたんで』と言われて…」
という方もいるとかなんとか…。それもそれで凄い話しですね(-谷-;A
また、爺-POPのページでは、
爺-POPを「踊ってみた」「歌ってみた」の動画も募集しているとのこと。
高知家・公式サイト
爺-POP・特設ページ


中学3年生が作った自主制作映画が凄い!!


都内在住の中学生が制作したという映画が凄い。
タイトルはその名も『2045』
5分ほどの映像だが、プロ顔負けのCGやモーフィングを駆使。
そして、スカイツリーやレインボーブリッジの爆破シーンもCGで再現している。
ストーリー云々よりもまずは映像の凄さが圧巻です。
ちなみに、一部のメイキングも公開されており、
それを見るとさらにその凄さがわかります。

才能といっていいのか、とにかく驚かされます!


松岡修造氏のコラムはやっぱりアツかった!!

錦織選手の決勝戦、本当にアツくなりましたよね。
でも、この人のコラムもやっぱりアツかったです。
 ↓↓↓↓
いよいよ錦織圭選手が世界の頂上に経つ時がやってきた。
ファイナル 圭ありがとう
DreamがCome Trueする時がやってきていたのですよ。
いや、フツーに良いコラムだと思うんですがね(-谷-;A