受けてみたくなる授業 | ネットサーフィン見聞記
 2018年11月の本 ←読書感想はコチラ。

 

受けてみたくなる授業


 


 


 


 


 授業材料のインパクトもありますが、先生の授業の進め方というのが結構なポイントだったようですね。まあ、そこが重要なのですが。

 
 
 イトウ先生、授業の時間です。 美術教師と生徒たちの、かみあわない日々

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする