タグ “ 本”が登録された記事一覧


記事
2017年11月の本 [2017/11/01]
    好奇心の赴くままに ドーキンス自伝I: 私が科学者になるまでリチャード・ドーキンス (著) 垂水 雄二 (翻訳)出版社:早川書房発売日:2014/05/23  この世の中には良くも悪くも『適材適所』という言葉がある。  自分に向いていると思ってもそうではない場合があるし、そのまた逆も然り。  その在りうべき所に落ち着くに至る道程は、最早偶然でしかない。  ベストセラー『利己的な遺伝子』の著者が自身の生い立ちからその出版までを描いた自伝。 ..
2017年10月の本 [2017/10/01]
     FUNGI-菌類小説選集 第Iコロニーオリン・グレイ,シルヴィア・モレーノ=ガルシア(編)出版社:Pヴァイン発売日:2017/03/17  果たして今までこういうものがあったのだろうか?  私は他に例を知らない。  世にも奇妙な“きのこ”をテーマとしたSFホラー小説アンソロジー。11編からなる本書の殆んどが書き下ろし…。  スチームパンク、ゾンビもの、西部劇、異世界転生譚…と、ジャンルも様々な小説群を“きのこ”をはじめとした菌類という大きな括りだ..
『「プロドライバー」の教科書』の実際 [2017/09/07]
   プロドライバーの教科書って本読んでるけど、なかなか為になるね pic.twitter.com/NvVO83WHk1— わさ@確定拠出年金 (@garana_cub) 2017年9月6日  教習所とかでもこういうことの話しってあったけど、多分大体の人が忘れてるし、なによりここまで懇切丁寧な説明がない。一応運送会社とかの人のために書かれたようだけど、一般ドライバーでもこれは一読しとく価値ありな感じですね。   「プロドライバー」の教科書..
2017年09月の本 [2017/09/01]
    帳簿の世界史ジェイコブ・ソール 著出版社:文藝春秋発売日:2015/04/08  人類の歴史を顧みる上で、様々な切り口が存在する。  それは戦争だったり貿易だったり、農耕文化の伝播であったりと多岐にわたり挙げていればキリがない。  その中で経済、とりわけ帳簿という金銭のやり取りをする中では基礎中の基礎の基礎という分野にスポットを当てた本書の例を他に知らない。  序文に「会計は事業や国家や帝国の礎となるものだ。会計は、企業の経営者や一国の指導者が..
【本紹介】『日本史モノ事典』『世界史モノ事典』 [2017/08/27]
     実は発売すぐに買っていたのですが、紹介する機会を逸していたので別個で紹介したいと思います。   日本史モノ事典   世界史モノ事典  二次創作など活動されている方の中ではもうご存知という方も多いと思います。  日本史・世界史に分けて、ありとあらゆるモノの名称・種類が網羅されている逸品です!    イラスト付きで道具の名称があったり、      時代による髪型の変遷が一目でわかったりという優れもの。..
『からかい上手の高木さん6』特別版フィギュアレポ [2017/08/12]
     相変わらずの田舎タイムラグで、発売翌日になってやっと届いた『からかい上手の高木さん』第6巻。    今回はフィギュア付き特別版があるということだったので、そちらを注文したので早速開封してみました。    フツーにこんな感じで一緒になっているだけでした。    いざ開封の儀!    内封物はこれだけ。  本体と自立用のパーツのみ。シンプルで良いかと。    自立用パーツは右足につける感じにな..

成長因子 育毛薬