そういえば、新宿のベルクに行ってきた。 | ネットサーフィン見聞記
 2018年11月の本 ←読書感想はコチラ。

 

そういえば、新宿のベルクに行ってきた。

以前、こちらでも紹介した新宿駅構内にある『ベルク』。
 ↓↓↓↓
新宿駅改札徒歩15秒にある奇跡のカフェ。嗚呼「ベルク」を知らない人生なんて!
 (※ゴメンナサイ、件の記事自体はリンク切れしているようです(> <)!!!)
以前から存在は知っていたのですが、
新宿駅 = ダンジョン
なので、
その攻略に明け暮れていたためか入ってみたことがなかった。
でも先日、遂に立ち寄ってみたのでその時のことを少し書こうと思います。

お店のHPによれば
『JR新宿駅東口より徒歩15秒』
とのこと

あ…。あった。
本当にすぐでした。

で、今回は本当にたまたまその日の午後の予定がキャンセルとなったので
立ち寄れたのですが、ゆえに全くのアポなし状態
他のお客様もいらっしゃるので
念のため店員さんに聞いて
自分の注文品と他何枚か写真を撮る許可をもらった。
時間はお昼時ではあったが
平日にもかかわらずほぼ満席状態
しかも、レジ前の列は店舗入り口まで続いていた。

こちらの『ベルク』は下記のHPを見てもらえれば分かる通り、
ホットドック・サンドとビールが有名なお店。
↓↓↓↓
++ベルクの定番メニュー++
で、私、最近はほぼ全くお酒を口にしなくなったけれど(月に一度あるかないか)、
「これはいただくしかない!」と
看板商品のベルク・ドックとビールを注文してみた
(…というか、そういう選択肢しか思いつかなかった)。

で、こちらがそれ。
実にシンプルでいい。
ちなみに右下に見えるは灰皿。
なんとこのご時世にあって、店内(てか駅だけど)喫煙可なのである。
まずこれに驚く。
こういう表現は適切ではないと思うが、
しかし開店して40年以上という
『由緒正しき老舗カフェの貫禄』
を見せつけられたような気がした。

して、ベルク・ドックをいただいてみるとこれまた驚く。
実においしい。
食べたときの自分の表情を自画撮りしときゃ良かった。
見た通りのシンプルな味なのだが、
その味に深みがある。
ビール・コーヒー・ソーセージ・パン、
これらに情熱を注ぎこだわり抜いてきたという証しなのだろう。
写真をすっかり取り忘れてしまったのだが、
なにを隠そうこちらで扱うソーセージやパンは、
各々その道の職人による手作りなのである。
※店舗入り口に各職人さんたちのお写真が出ています。


ちなみに店舗内に掲示されているメニュー表はこんな感じ。
バリエーションも豊富。
もちろんモーニングメニューもある。

そして私が何よりも目にしたかった(口じゃないのかよ…)のがこちら、

『ベルク通信』
これは HPと店内で配布されているベルクを訪れる全ての人のための“メディア”である。
こちら、ビア&カフェBERG – Wikipediaに詳しいが、
かつては通称『ベルク問題』がここで報告されたこともあった。

店長曰く
「私どもの隠し球、秘密兵器」
とのこと。

この他にもベルクHPを見てもらえば分かる通り、
ベルクの本オリジナルTシャツなども出ている。
また、店内の内壁を利用したアート展や有名アーティストによる店内でのゲリラ的ミニライブなども開催されており、
熱狂的なファンが多いことも頷ける。
 ミニライブについてはこちらを→ 新宿駅最後の小さなお店ベルク、ここでしかありえないインストアライブを映像で!- NAVER まとめ
と、今回はかなり駆け足でしたが、
今度行くときはゆっくり行ってみたいな…いや、
ちゃんとアポとってちゃんと取材してみたい!
毎日新宿駅を利用されている方はもちろん、
遠方だという方も
是非一度足を運んでみてはいかがだろうか?
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […]  ●そういえば、新宿のベルクに行ってきた。  ●ロッテリアの『全部のせバーガー』を食べてみた。 […]