お知らせ!!
Powered By 画RSS
2017年03月の本 ←書評のような記事に飛びます

PATAがXJAPANに加入したいきさつ

2017/03/01 17:00   ・ニコニコ  ・X  


(約7分20秒)

PATAさん復活後のニコニコから。
ミイラとりが〜というのはまさにこのことなんでしょうね。

それにしても話しを聞くだに、20年前の解散は本当に仕方なかったんだと改めて分かります。
YOSHIKIさんにとってはTOSHIさんあってのXだったんだな、と。

posted by 甚之助 | Comment(0) | TrackBack(0) | 動画その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月の本

2017/03/01 12:00   ・  


棋士の一分
橋本崇載

出版社:角川新書
発売日:2016/12/10



プロレス、相撲、メタル……
昨今、かつてその人気が一度は凋落したジャンルの復活が目覚ましい。
そこには様々な試行錯誤があったに違いないが、
内部で関わる人だけでなく、往年のファンをも含めた
大々的な意識改革が形而上でも形而下でもあったことは想像に難くない。

ではそれを突き動かしたものは何か?
様々な要因の中で共通するのはやはり危機感ではなかったろうか?

ネット上でも折に触れ話題をさらっていくハッシーこと橋本八段。
彼が旧態然としている日本将棋界の改革を、
半ば内部告発とも言うべき内容にまで触れて声を上げている本書。
「若い人が立ち上がるようにならないと、本当に先がない」
コンピュータ将棋への否定的な姿勢、故・米長元会長への名指しの批判。
かなり手荒い感じは否めない。
しかし、こうした抗戦的な姿勢は将棋界にとどまらず、
世間に未だはびこる旧態然とした組織を改革する上では必要なはずだ。
単に抗うというだけでなく、今を未来につなげるために。
静かに衰退する道を選ぶか、再びファンを熱狂させる盛り上がりを見せるのか、
著者の言うとおり、それを選ぶのは今しかないのかもしれない。

しかしこの本には、個人的に非常に残念な思いがある。
本文の中にも出てくるが、昨年秋の三浦九段をめぐる疑惑。
もしこの一連の疑惑の前に本書が刊行されていたのなら、
橋本八段の言葉は、将棋ファンのみならず多くの人々の意見と相まって、
それこそ本格的な改革の道しるべとなったと思う。
冒頭でこのことについても触れられているが、
せっかくなのでもっと踏み込んだ意見を聞きたかった。
また、刊行間もない頃のtwitter上での発言及びその削除など、
せっかくの本書の内容を単なる愚痴のようにしか読めなくしてしまったのが口惜しい。

もし本当に橋本八段が棋界の改革、再興を図りたいというのなら、
誠意ある対応が望まれることは必須だが、心中はいかほどなのだろう。






ぼくらは地方で幸せを見つける
指出一正

出版社:ポプラ新書
発売日:2016/12/09



私には折に触れ、夜通し語り合う友人がいる。
友人といっても私の倍以上の年齢。また、互いに地方に居を構えている。
以前は近場に暮らしていたこともあって、その頃は原稿書きの締切そっちのけで話しに花が咲いた。
その友人との話しのテーマにたびたび上がるのが“生身”という感覚についてのこと。
ネットやスマホの普及により、生身を体感せずともコミュニケーションがとれる時代。
だが人は、どこかでその暖かみや冷酷さを求めているのではないか?

雑誌『ソトコト』の現編集長が語る地域論。
地方活性化のキーポイントとして上げられる「人」。
しかし世代も違えば生まれ育った環境も違う者同士が、
同じ時代にひとつの地域の中でどう関係性を構築すればよいのか。
本書には全国さまざまな地域に移住し、その地域を再興させた若者たちの例が豊富だ。
その底流にゆるやかにただようある種の傾向は、
自然やモノ、あるいは人と人との“生身”の関係性に他ならない。
「関係人口」という概念が語るのは、そうした生身の関係性の中に新たなる価値を見出し、
それを発展・展開させていく地域再生の方向なのだろう。

私自身も地方、殊インフラの利便性も決していいとは言えないところに住んでいるが、
実際自らの周りで本書にある様な若者の例を聞くことはほぼない。
故に一握りの成功例といってもいいのかもしれない。
ただ、そう言い切って切り捨てるのは愚かだ。
価値観は変わる。
この先、それがどういう方向性にシフトしたとしても揺るぐことのない生身の感覚こそが、
地方活性の新たなカギとなるはずだ。






ホンのひととき
中江有里

出版社:毎日新聞社
発売日:2014/09/05



著者の中江さんは本当に本が好きなんだな、と静かに思う。
大の読書家で知られる女優・中江有里さんのエッセイ。
本書はエッセイ・読書日記・書評という三部構成になっているが、
どこから読んでも中江さんの本に対する真摯で愛情あふれる姿が垣間見れます。

ヒトがヒトをつなぐように、本も本をつなぐ。
いろんなものにその道々の“ジャンル”というものが存在するが、
そうした垣根を越えた緩やかなつながりを愉しむという味わい方も確かに存在する。
「私はこのジャンルに明るいから」だとか
「ソッチの方はあんまり得手じゃないんだよね」だとか、
そうしたことはお構いなしに、
「もっと読んでみたい!」という魂の震えのような読書愛を追体験できるあたり、
やはりこの人のエッセイは巧いと唸ってしまう。

数々の本との出会い。
巻末に掲載書籍の一覧が付されていますが、
それを眺めるだけでも豊かな読書経験が窺えます。

そんな中江さんが本文の中で語ってるこの言葉はとても大切だと思う。
「同じ本を何度も繰り返し読むこともお勧めします。同じ本ならいくら読んでも内容は変わりません。
だからこそ、読み手である自分の変化に敏感になるのです。」

これぞ読書の醍醐味。






真理の探究 仏教と宇宙物理学の対話
佐々木閑・大栗博司

出版社:幻冬舎新書
発売日:2016/11/30



個人的に、この本を紹介しようかどうか迷った。
ことあるごとに書いているが、私の学生時代の専攻はインド哲学。
カリキュラムにはもちろん仏教学も含まれていた。
その一方で興味本位で暇さえあれば面白がって取り組んでいたのは宇宙物理や数学だった。
正直、そんな人間にこの本のことを書かせれば、自制が効かなくなること必須である。
実際問題、そのくらい興味深く面白い本だ。

一人は世界的な理論物理学者。一人は仏教学者のユニークな泰斗。
一見相反する立場にある学者同士によるこの対話篇は、
時に枝道にそれ、時に互いの考えを確かめ合いながら、
「生きる事の意味」という人類普遍の問題に切り込んでいく。
結論を言えば「意味はない」。帯にも書いてある。
だが本書の凄いところはそこにとどまることなく、
むしろそこからが新たなスタートであると言わんばかりの論点を見せる。
ネタバレにもなってしまうので詳しくは読んでいただくしかないのだが、
仏教と物理との関連を説く書籍は巷にゴロゴロあるが、
これほど痛快なものには久しぶり出会った気がした。

そもそもこれn……(長くなるので以下略


それはさておき、
佐々木先生のこうした研究に対しては同学の学者からの批判が多いことも確かだ。
しかし、それを一種のアウトリーチと捉えるならば、
他分野との垣根を越えた新たな学術研究の進展につながることを期待してやまない。



posted by 甚之助 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けものフレンズ聖地巡礼 とか 中島梓「グイン・サーガ 炎の群像」台本電子版配信中 とか

2017/03/01 05:52   ・羅列  

≪ニュース・芸能≫

【鑑定団】 真贋論争の「曜変天目茶碗」、成分分析で化学顔料は検出されず・・・鑑定結果に異論を唱えていた専門家の主張を覆す結果に (痛いニュース(ノ∀`))
 これで一件落着となるんだろうか…。

超人気バンド『ワンオクロック』、5〜6人の中年女性にヘリコプターで追っかけされてた模様 (情報屋さん。)
 ファン心理というものを否定はしないが、なんらか自制というものも効かせてもらいたい。

清水富美加の“出家”を「ひかりの輪」代表・上祐史浩氏が解説し大反響 (中野龍三Web)


【キ●ガイ】アニメ監督・山本寛「冨田真由さんにも落ち度がある」 ( (よろず屋さん)
 言わんとすることは分かるけど、それで誰が納得すると思っているんだろう。

「日本は既存勢力に甘く、挑戦者に厳しい」小泉進次郎さんの発言が話題に (チャンネル「てみた」)
 こういう発言が若手政治家から出てきたことは心に留めておきたい。

有働アナ発言に井ノ原も苦笑 「ちょっと言葉に問題が…」 (デイリースポーツ online)
 深読みしちゃいかんのかw

「BBA同士が殴る蹴る」で大遅延 「小田急は賠償請求していい」 (J-CASTニュース)
 当事者たちもヒドイが小田急の対応・事後処理もヒドイ。

【話題】絶滅危機のミツバチを今救わないと、人類は4年で滅ぶ! (常識的に考えた)


中島梓「グイン・サーガ 炎の群像」台本&「弥勒」電子版配信中! (cakes)
 おお〜!


≪記事・ネタ≫

国立情報学研究所が「不満カテゴリ辞書データ」無償提供、“不満”の投稿300万件から頻出単語まとめ (Impress IT)


大量のアダルト雑誌に囲まれて孤独死!!死後1か月以上経過した部屋のすさまじさ「遺族に知られないように処分」 (JONNY)


けものフレンズ 聖地巡礼 多摩動物公園なんだね (かーずSP)
 その他いろんな動物園が該当する模様。

古代プエブロに母系支配者、「世襲」の起源に光 (ナショナルジオグラフィック)


グサッ! 大学生が大人世代に言われて刺さった忠告8選「『無理』って言ってたら一生無理だよ」 (ねたたま)
 まあ、聞いてすぐはカチンときたりしたりなんだりしましたがね。

【体験】3歳の息子に着けたアクションカメラの動画を見て「子供の目線」を教えてもらった


『ラブライブ!』のプロジェクトはなぜ成功した? 木皿陽平の考え


「駅弁・空弁大会」の出品弁当 ここぞとばかりに食べ比べてみた (おたくま経済新聞)
 そういえば、ここ数年、駅弁や空弁って食べてないな…。

独身男性の休日一人酒物語 (#つくりおき)


子宮を全摘出する手術の立会人に「おっさんレンタル」を頼んだ話 (:::::HK-DMZ PLUS.COM:::::)
 レンタルされたおっさんも色々大変だな。

何に使うかわからない奇妙なサイコロ3選 (ヌートン)


サンゴの天敵「オニヒトデ」を食べてみる (デイリーポータル Z)
 見た目が…もう。


≪気になる一品・サイト≫

【完全保存版】地下の魔窟「渋谷駅」を完全攻略〜最短乗換ルートつき〜 (everything is gone)
 気が付いたらワケ分かんないことになってたので、個人的にいろいろ諦めてます。


≪雑学・お役立ち≫

どん兵衛でラーメン二郎?今、ネットで話題の「再現レシピ」 (NAVER まとめ)


乳酸菌のプロが本気で『ヤクルトとピルクルの違い』決定版を作ったよ (レコメンタンク)


中世から今日まで語り継がれている、世にも不気味な15のミステリー (カラパイア)
 舞踏病は奇怪。

住民税とは? 計算方法と納付方法 (All About)


サッカーゴールやバスケットボールゴールが倒れた事故の一覧 (いちらん屋(一覧屋))



≪スレ・コピペ≫

野菜つくって売って暮らした結果wwwwwwwwwwwwwwww (稲妻速報)
 これで十分と思えればそれでいいと思う。

通学途中であなたを見るたびに胸が苦しいです。 (神爆笑.com)
 久々の鉄板コピペw

ブックオフで大量の本を売った結果www (アルファルファモザイク)
 

新宿駅を起点にした交通費北海道より遠いところが見つかるwwwww (VIPワイドガイド)
 

フランスで1ヶ月間ホームレスしてたけど質問ある? (ちゃんねるZ)


4月4日にオカマバー行ったらスカウトされた思い出 (キニ速)



≪ゲーム・PC≫

有名エミュレータ開発者「1万ドルの価値あるファミコンソフト輸送中に紛失」事件が解決へ!! (ファミコンのネタ!!)
 見つかってなにより。

FF15開発スタッフ、サウンド担当インタビュー! (◆めっつぉ - Intermezzo)
 昨今スクエニの効果音へのこだわりというか力の入れ具合が増々強まってますな。

ニンテンドースイッチ、Bluetoothのイヤホンやヘッドセットなどは使用できない (ゲームメモ)


Mozilla、“あとで読む”サービス“Pocket”を買収 (窓の杜)



≪画像≫

オカンがとんでもない水買ってきたwwwww (えのげ)
 家族会議必須www

酷過ぎる!食べ物の商品パッケージと実際の商品の比較画像の数々!! (ガラパゴニア)



≪動画≫

細かい設計図も無しに作ってこの性能!手作りのツインモーターRCボートがすごい。 (1000mg)
 これはスゴッ!!

ダメな父親が子供に関わるとこうなるww!!ダメパパ2つ!! (ひろぶろ)


posted by 甚之助 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする